FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  大河ドラマ  >  真田丸 >  家康と秀頼の二条城会見と方広寺鐘銘事件

家康と秀頼の二条城会見と方広寺鐘銘事件

先日も触れていますが、慶長16年3月の、家康と秀頼の二条城会見について。『真田丸』では、加藤清正が秀頼方となっていますが、元々は清正は秀頼の説得役でした。無論この会見も、実現に至るまでにはそれなりの時間を要しました。
まず家康はこの会見で、秀頼と対等の立場を取ろうとしたにもかかわらず、秀頼は自分から先に挨拶をしています。これは家康に臣従するという証なのか、はたまた家康の孫千姫の婿としての、あるいは官位が下の者から上の者への挨拶としての、謙譲の礼としてなのかは定かではありません。またそもそも、対等の立場と言いつつも、それぞれの官位が違う以上建前と取るべきでしょう。
この場合一番大事なのは、秀頼を二条城に出向かせたということです。これによって徳川の優位が広くアピールされたわけですから、これは家康の作戦勝ちといったところでしょう。

また方広寺鐘銘事件も、元々は大仏開眼供養会の席次を巡るトラブルであったといわれています。これに家康の側近の南光坊天海が関与しており、ひいては鐘銘の「国家安康 君臣豊楽」にクレームがつき、その事態収拾に乗り出した片桐且元が、駿府で家康に会い、また家康と秀忠に起請文まで差し出すも、家康からの解決策は得られないままでした。
このため且元は独自に
  • 秀頼が大阪を離れて江戸へ行く
  • 淀殿を人質として江戸へ出向かせる
  • いずれも不可能な場合は、秀頼が大坂を退去して、国替えをする
この3つの案を豊臣家に提示しますが、その前に、豊臣家に異心なしと駿府で聞かされていた大蔵卿局は、これに怒り、淀殿の怒りをも買って、且元は自らの城である茨木城に立てこもり、徳川方に付かざるを得なくなったわけです。これにより、大阪の陣が勃発します。

(資料:渡邊大門『進化する戦国史』)

飲み物-コーヒー
スポンサーサイト
[ 2016/09/29 01:30 ] 大河ドラマ 真田丸 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。今季は代表下部チームとの兼ね合いもあり、スーパーラグビーでは今一つでしたが、ワールドカップでのベスト8成るでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud