FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  シャーロック・ホームズ

ホームズと刑事ドラマあれこれ

赤毛トリックと呼ばれるものがあります。ホームズの原作というか正典で、『赤毛(髪)連盟』という組織を作って赤毛の人々を公募し、赤毛の質屋の店主が入会を認められます。この質屋、ウィルソンは連盟から報酬を貰い、百科事典の書き写し作業をさせられます。報酬もそこそこでウィルソンも満足していましたが、その間その質屋の地下から、銀行へトンネルを掘るという作業が行われていました。このトンネル掘りが終わった時点で、ウィルソンを外へ出す必要はなくなります。

そこで赤毛連盟は解散してしまい、それに驚いたウィルソンはホームズの許へ相談に来ます。このように、何らかの理由をつけて特定の人物を外出させ、その間にその家で作業や盗みをするというトリックを赤毛トリックと呼んでいます。ホームズ関連では『株式仲買店員』や『三人ガリデブ』などもこれに該当します。パペットホームズでは、この『赤毛連盟』に当たるのが「赤毛クラブの冒険」で、このブログでは、最近ではダンカン・ロスの「赤毛クラブ」という投稿でご紹介しています。

ミス・シャーロック』にも当然のことながら、正典をいくつか現代の日本風にアレンジした物が登場します。実は前出の「株式仲買店員」も、あるエピソードの原作として使われています。観たことのある方はおわかりかもしれません。いずれこの作品に関しても、あらすじと感想というか解説のようなものを、何度かに分けて書いて行く予定です。その時にベースになっている作品に関して、詳しく書ければと思います。

無論他のドラマにも、この手のトリックは使われていると思われるというか、実際に使われているでしょう。『古畑任三郎』とか『相棒』のトリックを緻密に調べて行けば、かなりの確率でホームズ物と合致しそうです。『古畑任三郎』は、『古畑中学生』の4つの事件が、そのままホームズ物のアレンジになっていました。『古畑中学生』にも以前触れていますが、三谷さんがパペットホームズを書いたのもむべなるかなと思われます。

ところで『相棒』のシーズン12に「ヒーロー」というエピソードがあります。ある青年が知人にクルーズの切符をプレゼントしますが、その船の事故で知人夫妻は亡くなります。しかし実はこれは事件であり、それを担当した弁護士に近づくという話です。この中で警視庁の一室が登場しますが、そこにある人物の肖像が掲げられています。よく見ると川路利良のようです。この人は実際警視庁設立に尽力していますが、このエピの中にその肖像があったのを、最近DVDを観て初めて知りました。

この「ヒーロー」の次のエピが「待ちぼうけ」です。ある殺人事件の犯人と、その不倫相手をそれぞれ杉下右京と甲斐亨が既に追っているわけですが、捜一コンビも動いていて、しかも特命がいない捜査ではまるで伊丹が杉下のようなことを言っています。「大事なのは観察だ」とも言っていますが、これも「見るだけではない、観察しろ」を何となく思わせます。ちなみにこのエピ、両者の異なるパートが互いを補完し合っていて新鮮です。

『相棒』もいくつか投稿をしていますが、その中には、明らかにこれはホームズネタと思われる物もいくつかあります。もちろん『刑事コロンボ』関連ネタもあるというのを、割と最近書いたことがあります。『コロンボ』もまた観ようかと考えているのですが、海外ドラマにありがちなこととして、1つのエピが長いため、そのための時間を設定しておく必要があります。しかしGWももう少しありますし、思い切って観てみますか。

飲み物-お洒落なランプとウイスキーグラス 
スポンサーサイト
[ 2019/05/03 00:45 ] シャーロック・ホームズ | TB(-) | CM(0)

「パブ・シャーロック・ホームズの回想」トークショーのお知らせ(ハヤカワオンラインより)

現在、早川書房内のカフェ・クリスティで開催されている「パブ・シャーロック・ホームズの回想」ですが、5月13日に、日暮雅道氏と井上文太氏のトークショーが行われることが決まりました。入場希望の方は以下の要領で、メールでの申し込みになります。ただし先着25名ということなので、もう締め切られているかもしれません。悪しからずご了承ください。

「パブ・シャーロック・ホームズの回想」トークショーのお知らせ

また早川書房のツイートによると、現在はホームズのパペットと、井上氏が昨年訪英された時の画像が主に展示されているようです。お近くまで行かれた場合は、ぜひ。

早川パブSH
[ 2016/04/30 00:45 ] シャーロック・ホームズ | TB(-) | CM(0)

シャーロッキアン度検定問題集 回答

さて、先日のシャーロッキアン度検定問題集から、10日あまり経ちましたので、回答を発表したいと思います。
W・S・ベアリング=グールド著、小林司・東山あかね訳『シャーロック・ホームズ ガス燈に浮かぶその生涯』河出文庫より
(原文いくらか修正、一部作品名は表記が変わっていることもあるため、ウィキペディア記事のタイトルをカッコ内で表記しています)
  1. 黒ピータ(ブラック・ピーター)、赤髪組合(赤毛連盟)、赤い輪、緋色の研究、白銀(銀星)号事件、白面の兵士、緑玉 (緑柱石)の宝冠
  2. 第二の汚点、犯人は二人(チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン)、三人の学生、三人ガリデブ、三破風館、四つの署名、オレンジの種五つ、六つのナポレオン
  3. バスカヴィル家の犬、四つの署名、スリー・コータの失踪(スリークォーター失踪)の3つが犬が出て来る事件で重要なもの。 他にも緋色の研究、ぶな屋敷、アベ農園(僧坊荘園)、悪魔の足、犯人は二人、這う人(這う男)にも登場。
  4. 恐怖の谷、最後の事件、空家の冒険(空家の怪事件)、ノーウッドの建築師(ノーウッドの建築業者)の中からどれか3つ。
  5.  a. ボヘミアの醜聞、最後の事件(司祭)  b. 緑玉の宝冠  c. 犯人は二人 d. 四つの署名  e. 空家の冒険  f. マザリンの宝石  g. ボヘミアの醜聞  h. 唇の捩れた男   i. 黒ピータ  j. マザリンの宝石
  6. 緋色の研究、四つの署名、かたわ男(背中の曲がった男)
  7. 青いガーネット(青い紅玉)、ボスコム谷の惨劇、アベ農園、悪魔の足、犯人は二人
  8. グロリア・スコット号(グロリア・スコット号事件)、マスグレーブ家の儀式、恐怖の谷、踊る人形
  9.  a. 白銀号事件、プライオリ学校、ショスコム荘  b. かたわ男  c. かたわ男  d. 覆面の下宿人  e. 獅子のたてがみ(ライオンのたてがみ)f. まだらの紐  g. 緋色の研究 h. 花嫁失踪事件  i. 青いガーネット  j. 這う人 k. 最後の挨拶  l. m. 花嫁失踪事件
  10. 恐怖の谷、美しき自転車乗り、スリー・コータの失踪、プライオリ学校
  11. 緋色の研究、恐怖の谷
  12. a. ブルース・パティントン設計書  b. ブルース・パティントン設計書、最後の挨拶  c. グロリア・スコット号  d. 最後の挨拶
  13. 緋色の研究、花嫁失踪事件、第二の汚点、赤髪組合、瀕死の探偵、四つの署名、マザリンの宝石
  14. 隠居絵具師、三人ガリデブ、高名の依頼人
  15. 最後の挨拶 
  16. オレンジの種五つ、踊る人形
  17. ボヘミアの醜聞、黄色い顔、ギリシャ語通訳、技師の拇指、ウィステリア荘、フランシス・カーファクス姫の失踪
  18. 花嫁失踪事件、黄色い顔、かたわ男、スリー・コータの失踪、ショスコム荘、白面の兵士、獅子のたてがみ
  19. ボヘミアの醜聞、花嫁失踪事件、花婿失踪事件、美しき自転車乗り
  20. 花婿失踪事件、瀕死の探偵、マザリンの宝石
  21. 「本文参照のこと」だそうです。 
さて難易度の高いもの、比較的易しいもの様々ですが、皆様の成績は如何でしたでしょうか。
[ 2016/01/23 01:28 ] シャーロック・ホームズ | TB(-) | CM(0)

シャーロッキアン度検定問題集

先日の記事で触れていた「シャーロッキアン度検定問題集」の問題を、こちらに転載しておきます。腕に覚えありと思われる方は、是非挑戦を。

W・S・ベアリング=グールド著、小林司・東山あかね訳『シャーロック・ホームズ ガス燈に浮かぶその生涯』河出文庫より
1.次の色の名を含んでいる事件の題名は何でしょうか。 
  黒、赤、赤、緋、白、白、緑、黄、青。
2.次の数詞を含んでいる事件の題名は何でしょうか。 
  二、二、三、三、三、四、五、六。
3.犬が出て来る事件名を三つあげてください。 
4.モリアーティ教授の名が出てくる事件を三つあげてください。
5.ホームズが次のものに変装した事件名は何でしょうか。  
  a. 牧師 b. 浮浪者  c. 鉛管工  d. 水夫  e. 古本屋の老人  f. 老婆  g. 馬丁 
  h. アヘン窟の老人  i. 船長   j. 老ばくち打ち
6.ベイカー街遊撃隊の少年たちが活躍した事件名を三つあげてください。
7.ホームズが犯人を見逃がしてやった事件名を五つあげてください。
8.ホームズが暗号文を解読した事件を四つあげてください。
9.次の動物が出て来る事件は何でしょうか。
   a. 馬 b. マングース c. コブラ d. ライオン e. クラゲ f. ヘビ 
   g. ブルドッグ  h. クモ i. 鵞鳥 j. サル k. ネコ l. 山シギ m.キジ
10.自転車の出て来る事件名を四つあげてください。
11.指輪が重要な役割を果たしている事件を二つあげてください。
12.次の乗物の出てくる事件名は何でしょうか。
         a. 地下鉄 b. 潜水艦 c. 帆船 d. 自動車
13.ヴァイオリンが描かれている事件を三つ以上あげてください。
14.ホームズが電話を使った事件は何でしょうか。
15.事件の中に電燈が現れているのは何でしょうか。
16.ホームズが手がけた事件のうち、依頼人が殺されてしまったものを二つあげてください。
17.ホームズが何らかの失敗をした事件を六つあげてください。
18.犯罪と直接には関係のない物語を七つあげてください。
19.結婚式の出て来る主な事件を四つあげてください。
20.ホームズが自宅から一歩も外へ出ないで解決した事件を三つあげてください。
21.シャーロック・ホームズとワトスンの生活と性格の特徴をあげてください。

回答は1週間後をめどに発表予定です。

飲み物-お洒落なランプとウイスキーグラス 
[ 2016/01/10 01:30 ] シャーロック・ホームズ | TB(-) | CM(0)

ホームズの誕生日と日本史

今日1月6日は、シャーロック・ホームズの誕生日とされています。W・S・ベアリング・グールドの『シャーロック・ホームズ ガス燈に浮かぶその生涯』の年譜によれば、1854年1月6日金曜日の誕生となっています。ヨーロッパではクリミア戦争が起こっていて、日本では黒船が来航していた頃です。日本では嘉永6年から7年(天保暦)に相当し、嘉永7年の3月31日に日米和親条約が結ばれ、3月27日に吉田松陰が金子重輔と黒船に乗り込もうとした事件、所謂下田踏海が起こっています。それを考えると、正にホームズはビクトリア朝後中期から後期、日本では幕末の動乱が始まる時期に生まれたわけです。

この1月6日という日は、恐らくはクリスマスシーズンの最終日である公現節と、関係があるのではないかといわれてもいます。また彼のフルネームはウィリアム・シャーロック・スコット・ホームズですが、これは父親のサイガーが、ウィリアム・シャーロックという名前を主張し、母親のバイオレットは、サー・ウォルター・スコットが好きであったことから、スコットという名前を主張したということになっています。

シャーロックはその後、両親や兄と共に旅に出た後寄宿学校に入り、後にオックスブリッジに学んだという設定で、ジョン・ヘイミッシュ・ワトソンと出会って共同生活を始めるのは、1881年です。日本では明治14年に当たります。ホームズの最後の事件は、『最後の挨拶』とされていますが、贋作というか外典というか、はたまたパスティーシュとも呼ぶべき『シャーロック・ホームズの功績』では、第二次大戦中も事件を解決しています。

ビクトリア朝からその次のエドワード朝というのは、イギリス史の中の一区切りともいえます。その後、1910年代になって第一次大戦が勃発し、これを機に貴族が没落するようになります。『ダウントン・アビー』もこの頃を舞台にしています。ちょうど日本でいえば、明治維新が始まって大名や藩という制度が廃止され、維新で活躍した人たちが台頭してくるイメージがあります。

ちなみに今回参考にした『シャーロック・ホームズ ガス燈に浮かぶその生涯』には、付録として「シャーロッキアン度検定問題集」というのがあります。まだ今のような「○○検定」がない時代に出版された本ですので、かなり時代の先を行く試みだったといえます。実はこれ一度もやったことがないので、そろそろやってみようかと考えています。
ホームズ博物館 
[ 2016/01/06 23:56 ] シャーロック・ホームズ | TB(-) | CM(0)

カレー料理と『白銀号事件』と「百匹のおたまじゃくしの冒険」

まず、ひつじnews様の記事をご紹介しておきます。ビクトリア朝のビートン夫人による家政読本、及び、その中に登場するカレー料理の記述について書かれています。

ヴィクトリア朝英国の羊肉料理。

この家政読本を執筆したビートン夫人の夫が発行したのが、いわゆる『ビートンのクリスマス年鑑』で、1887年の号に『緋色の研究』が掲載されています。ネタバレですが、シャーロック・ホームズの『白銀号事件』(シルバー・ブレイズ号事件)の、カレー風味のローストマトンは、調教師ストレーカーの企みで、アヘンを入れたのを誤魔化すためのものでした。馬の番をしている若者ハンターにそれを食べさせて眠らせたあと、白銀号にある細工をしようと試みるのですが…。

ちなみにこの食事が運ばれたのは月曜の夜で、日曜日の正餐(ディナー)であるローストマトンの残り物でした。イギリスの場合、日曜日に教会から帰って家族で食べる食事が正餐であり、ローストした肉やステーキなどが好まれたようです。また土地の名士などは、礼拝を終えた教区の牧師と共に食事をすることもありました。

それからカレーについてですが、ハドソン夫人のチキンカレー/Mrs. Hudson's chicken curryにもちょっと書いていますが、やはりホームズの『海軍条約文書事件』に、蓋付容器に入った彼女のカレー料理が登場します。実際はカレーでなく、盗まれた文書がその中に入っているのですが、この作品を元にしたパペット版「百匹のおたまじゃくしの冒険」の、本編後放送の「シャーロッQ!」では、カレー粉の普及とそれによるレシピが紹介されています。

なお「百匹のおたまじゃくしの冒険」では、カバ顔のクーパー寮の生徒、バーニコットの寮対抗の絵画コンクールに出す絵が盗まれてしまいます。各寮の代表者によって、毎年おたまじゃくしをテーマにした絵で競われる大会ですが、ディーラー寮のウィルスン・ケンプが絵を盗んで保健室に隠したため、ケンプを捕まえて絵を取り戻すべく、ホームズとワトソンは保健室に張り込みます。しかし取り戻した絵は、その前にホームズの兄のマイクロフトが、自分で描いた贋作とすりかえていました。こうやってケンプは不正なやり方でバーニコットの絵を入手し、自分のサインを入れて出品するのですが、優勝したのはベイカー寮のダンカン・ロスの「赤いおたまじゃくし」でした。

またこの中でも、ハドソン夫人が蓋つきの容器を221Bに持ち込みますが、この時はカレー料理ではなく「特製オムレツ」となっています。

ミルクティ
[ 2015/12/04 00:50 ] シャーロック・ホームズ | TB(-) | CM(0)

『相棒』シーズン11第11回「アリス」-横溝正史とイギリスミステリー1

ベースは地方の旧家を舞台にした横溝正史風、それにイギリスのミステリー風味を加えた、伏線の多い展開なので、何度かに分けて書こうと思います。まずはあらすじからです。

物語は昭和30年(1955年)12月23日に遡る。富士山を見上げる早蕨村(さわらびむら)の、こじんまりとした、しかしその実かなり贅を凝らしたホテルから、セーラー服を着た2人の少女が森へと出かけて行った。1人は、この早蕨ホテルに宿泊中の、橘元子爵の娘瑠璃子、もう1人はホテルの経営者の、二百郷(におごう)洋蔵の娘・朋子だった。しかし散策目的の森の中で、瑠璃子は不意に姿をくらませてしまった。

それから57年が経過した、平成24年(2012年)の12月24日、雪の舞うロンドンの邸宅で、75歳の朋子が他界した。臨終に立ち合った弁護士、石川は、かつてスコットランドヤードで研修をしていた杉下右京にそのことを伝える。朋子の最期の言葉「ヒナギクじゃなかった。茜が危ない。あの子を助けて」というのが気になるというのだ。朋子は茜の大おばだった、茜は両親が既におらず、二百郷家の主として、かつての早蕨村の屋敷で、柴田久造と宮島加代の使用人2人と共に生活をしていた。杉下は、プライベートな知り合いということで、甲斐亨と共に二百郷家に向かったが、屋敷は空き巣騒ぎの最中だった。

茜が話すところによると、瑠璃子が「神隠し」に遭った日の夜に、ホテルは火事で焼けてしまっていた。朋子はかろうじて一命を取り留めたが、両親は焼死し、更に同じ日に友人もいなくなるという災厄の日となった。この日は一体何があったのか。村の郷土資料館にある宿泊客の名簿を調べていた杉下は、ある人物が偽名で宿泊していたことを突き止める。さらに、そのホテルの常連だった永沢元子爵の備忘録によれば、その人物はとある警察官僚に瓜二つの人物だった。

朋子の予言通り、空き巣以外にも二百郷家、特に茜の周辺で奇妙なことが起こる。杉下と甲斐が事件解明を進めて行く中で入手したスクラップブック、それを狙っている人物がいた。それは、離れた空家に住んでいる自称ライターの男、遠野弘明が持っていたものだった。他にも、茜が今関わっている養蜂の箱が荒らされており、そして何よりも、茜と使用人たちも何かを隠している雰囲気だった。また、村人たちにいわせると、二百郷家は華族の財宝を預かっており、それをこっそり売りさばいている「泥棒」であるともいわれていた。

そんな折、山岸昭和文化記念館の職員、佐武が殺される、その日は仕事納めの日だった。この記念館には、昭和時代の文献が多く展示されており、犯人は明らかにその中の特定の文献、永沢元子爵の備忘録を狙っていた。盗まれた備忘録のデータベースを見た杉下は、永沢元子爵と縁続きと思われるある人物が怪しいと睨み、その後、旧華族関係の便覧で再確認を行うが、実は茜も同じことを考えていた。

その一方で、「出店」と呼ばれる、警察庁が密かに所有していると思われる公安部隊もまた、この二百郷家に狙いをつけていた。彼らの目的は「国枝文書」で、これは戦後、新警察法に基づく警察庁が作られた際の様々な画策、表に出ない話を、警察官僚の国枝史貴がまとめた、いわば内部告発文書であった。このため「出店」は二百郷家のみならず、出入りする遠野の服にも盗聴器を仕掛け、絶えず盗聴を行っていて、文書のありかを掴もうとしていた。また、警察庁長官の父からこの件について連絡をもらった甲斐は、頑なにそれを拒否する。

しばらくして、二百郷家から次々と盗聴器が発見された。このため、杉下と甲斐が茜から聞き出した、手掛かりになるような話もすべて筒抜けになっていた。また、茶の中に有害物質が入っており、当時家にいた者がすべて病院に行ったことから、家には茜と訪ねて来た遠野だけになってしまう。外に出ていた杉下と甲斐が戻ったところ、遠野は茜を人質にし、財宝の隠し場所を教えるよう2人に迫る。

鍵は瑠璃子のスクラップブックにある、『不思議の国のアリス』のお茶会のイラスト、そして空き巣に会った部屋の柱時計にあった。杉下はそこで、遠野は実は永沢元子爵の孫の公彦であること、彼も備忘録の閲覧者の1人であったことを明かす。そして、遠野=永沢の服に盗聴器を仕掛けていた「出店」もそこにやって来て、国枝文書のありかを探そうとする。しかしそこに新たな人影が現れた。山岸昭和文化記念館の職員殺しで、犯人を追っていた警視庁の捜査一課の3人の刑事、伊丹、三浦、芹沢だった。

結局遠野=永沢は逮捕され、「出店」もその役割を終えた。そして肝心の国枝文書は、カビのせいでぼろぼろになっていて、とても読めるような状態ではなかった。その後杉下と甲斐は、ホテルのポーターであった柴田久造が、「神隠し」に関わっていたのを明らかにする。柴田はあの事件の前日、瑠璃子と二百郷洋蔵が相次いで隠し場所を訪れていたのを目にしていた。この時期、ホテルは左前になっており、柴田は洋蔵のために、財宝を少しずつ売りさばこうとしていて、瑠璃子にそのありかを尋ねたのだった。しかし瑠璃子は、そばにあった流れに身を投げ、頭を強打した。

柴田は取り調べを受けたが、時効ということで刑罰は受けなかった。茜は、柴田が蓮華畑に埋葬したという瑠璃子の遺体を、富士山の見える丘に埋葬し直す。墓を訪れた杉下と甲斐に、自分は今後も養蜂を続けるといって去って行く茜。東京では、この一件で警視庁が、警察庁を相手に恩を売っており、捜査一課では例の3人が、それぞれのやり方で新年を祝っていた。そして杉下と甲斐は、雪の舞う中を東京へと戻って行くのだった。
飲み物-ミルクティ
[ 2015/07/21 00:51 ] シャーロック・ホームズ | TB(-) | CM(0)

ホームズを楽しもう-『シャーロック』版クルードとチェス駒とクイズブック

ナツミ様のブログ『21世紀探偵』に、BBC『シャーロック』のクルード(ボードゲーム)についての記事がありましたので、ご本人の承諾を得てこちらで紹介させていただくことにしました。このクルード(謎解き)というゲームは、自分たちでカスタマイズでき、しかも、ドラマの舞台に即した名前がついているので、ファンにとってはかなり面白く遊べるゲームのようです。ただ、記事中でも触れられているように、駒の作りがちょっと残念かも。本物の登場人物に似せると、よりリアリティが増して一層楽しめるかもしれません。

ぼくたちのかんがえたさいきょうの『CLUEDO SHERLOCK』
http://sherlock221b.blog.fc2.com/blog-entry-411.html

ちなみにホームズを模したチェス駒もあります。キングがホームズとモリアーティ、クイーンがハドソン夫人とアイリーン・アドラーです。クイーンになる辺り、改めてアイリーンの存在感は大きいと思わされます。向かって左から3番目はバスカヴィル家の犬でしょうか。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00311KPZ0
画像
Amazon.co.jpより


それから、パペットホームズは推理クイズブックが出版されています。
http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-14614-1
こちらはジュニア向けですが、難易度別に分かれていて、結構大人も楽しめます。イギリスやホームズ関連の情報もありますし、執筆陣もなかなか豪華です。
[ 2015/05/14 23:13 ] シャーロック・ホームズ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。今季は代表下部チームとの兼ね合いもあり、スーパーラグビーでは今一つでしたが、ワールドカップでのベスト8成るでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud