FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  江‐戦国の姫たち‐

『篤姫』の江戸開城前後の描写 まとめ 

では『篤姫』の、江戸開城前後のエピソードを観た感想のまとめです。(一部当該エピ以外の描写も含まれます)

まず、女性主人公である以上仕方がない部分もありますが、大奥の女性たちの描き方がやはり朝ドラ的です。大奥というともっと伏魔殿的で、様々な陰謀が渦巻くように見えますが、それを排除して、若い御台所の健気さをアピールするのが狙いだったのでしょう。一方で徳川家が危ないという時期であるのに、危機感や緊張感が感じられなかったのも事実です。さらに天璋院がそこそこの大人の女性でなく、見た目余りにも若すぎて、大奥の女あるじという印象が薄かったのもまた事実です。まだ輿入れ直後のお姫様、「女の子」のイメージでした。この大河ではむしろ幾島の方が貫禄がありました。

それから天璋院と小松帯刀、その他の薩摩藩士たちの、青春ドラマ的な描写も目につきました。これも序盤の頃であれば、一応は納得-於一に男装までさせる必要はなかったにせよ-できたのですが、その後大奥と薩摩に分かれても、これがどこか尾を引いている。しかも小松帯刀が、わざわざ幸に娘の天璋院へ手紙を書くように言ったり、果ては島津久光の許可まで取って来るのは、やはりちょっとやりすぎでしょう。その小松帯刀が西郷の陣にやって来て、薩長主導とはいえ、一応は藩を超越した新政府軍であるにもかかわらず、自分は薩摩藩の家老なのだからと入って行こうとするのも変です。

一方で、西郷、大久保両名の描かれ方に不満もありました。無論この両名が主人公でないのは承知しています。しかしやはりこの時期、新政府軍の中枢にいた人物でもあるのに、どこか天璋院と帯刀の引き立て役という感を免れません。最終回の西南戦争、紀尾井坂の変も何やら付け足し程度でした。この大河では小松帯刀が中心人物の一人であり、何をした人物であるかを描いたのはいいのですが、その反面、常に天璋院の影がちらついていたようにも思えます。また西郷隆盛役の小澤征悦さんが、こう言っては何ですが、何か出オチのようにも見えました。

そしてこれも女性主人公の大河にありがちですが、創作部分が気になりました。無論創作そのものは構わないし、ドラマである以上当然ですが、これがどうも恋愛絡みとか、情に訴えるような部分が多く、しかもその後の女性主人公大河も、多かれ少なかれこの傾向が見られました。こういう描写がない方が、話がうまく進むのにと思われた部分もありました。そして主人公や周囲の女性たちが、やけに涙を流すシーンが多い。これは『花燃ゆ』を連想させます。むしろこの大河が、『花燃ゆ』の上位変換ーという言葉はあまり使いたくないので、『花燃ゆ』と親和性が高いとでも言っておきます。

視聴率20パーセント以上を叩き出したこの大河と、視聴率がお世辞にもいいとはいえず、また主人公の知名度も低かった『花燃ゆ』とが、親和性が高いとは妙だと思われるかもしれません。但し基本路線というのは、そう変わらないと思います。ただ『篤姫』の場合は薩摩とはいえ、将軍家メインで知名度もあったこと、一人の女性が主人公の大河は久々で、視聴者の興味をそそったこともあります。また大河としてはあまり前例のなかった、朝ドラ的な展開にしたことなどで、恐らくは朝ドラの視聴者層を呼び込んだのも、ヒットの大きな要因であったといえるかもしれません。無論重し役のベテランの俳優さんもいましたし、宮崎あおいさんの個人的なファンも支持していたでしょう。

しかしだからといって、天璋院が殊更に「家族」を持ち出してみたり、また西郷宛に慶喜助命嘆願の文を持たせたりしたのには、違和感を感じざるをえませんが、朝ドラの視聴者層を呼び込むという企画であれば、こういう展開もありでしょう。それとこの無血開城関連エピの中で、「参謀」という言葉が説明されるシーンがありました。こういうのを説明するのは異例ではないかと思うのですが、それを考えてもこの大河が、どういう方向を向いていたのかがわかります。しかし大奥という路線を前面に打ち出し、様々な人物を登場させたのは、それはそれでよかったと思います。ただこの成功に気をよくして、その後隔年の女性主人公体制になったのは大きな誤算ともいえます。これと、せめて震災復興支援の『八重の桜』とでよかったでしょう。

なお最後の方で、勝海舟が隠棲した天璋院を訪ねて来て、2人で邸内のあずまやに腰を下ろすシーンがありましたが、あれは前年の『風林火山』の由布姫と勘助を連想させましたね。尚視聴率に関していえば、『江~姫たちの戦国~』を最後に、20パーセントまで行くことは珍しくなりました。これは大河の制作姿勢を云々する声もありますが、やはり録画視聴やBS視聴が増えたこと、そして、テレビそのものを観ない人が増えたのも一因かと思います。それについてはまた改めて。

飲み物-カクテル
スポンサーサイト
[ 2018/10/28 00:00 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)

『八重の桜』と幕末物そしてその他

先日『篤姫』のDVD、特に薩長同盟の関連エピを観たことはお伝えしました。そこで今度は某ポータルサイトではありませんが、『八重の桜』を観てみることにしました。この『八重の桜』は、『花燃ゆ』が今一つだった頃、その関連投稿で紹介したことがあります。女性主人公の生涯を描くという点から見れば、無論『八重の桜』の方が面白く感じられました。ただ今回は男性主人公、しかも会津と薩摩といういわば敵同士であるため、その時とはまた違った印象になるかとは思います。しかし考えてみれば、ここ10年ほどは『龍馬伝』を除けば、幕末大河は女性主人公中心でした。『龍馬伝』はそこそこ面白かったのですが、龍馬暗殺で終わるため、その後が描かれないのがややネックではありました。実は福山さんの龍馬よりは、上川隆也さんの中岡慎太郎の方が好きだったのですが。

幕末物というのは現代と比較的近いため、描きづらいということもあります。何せ大坂の陣の頃と幕末よりも、幕末と今の方が時代的には近いわけです-無論その間には様々なことが起こり、また人々の生活も大きく変わっているのは事実ですが。それに比べると、戦国時代の方がまだ自由度が高く、オリキャラも色々登場させられるため、ドラマとしてはかなり大胆に手を加えることはできるでしょう。また1世紀くらい続いていて、それぞれの土地の物語があるため、色々な視点から描きやすくなっています。個人的には戦国時代の薩摩も見てみたいと思います。また幕末は薩長土、それぞれの方言を使う設定になっていますが、戦国時代は武士はほぼ普通の言葉で喋っています。

これで思い出すのが、『真田丸』の時の言葉遣い、特にきりの言葉遣いです。全く今の言葉であるため、違和感を覚えた人も多いでしょうが、だからといってその当時の信州の言葉を使うと、まず字幕が必要になるのではないかと思われますので、勢い普通の武家言葉を使わせることにならざるをえず、それが、戦国物の方が視聴率が高いという一因になっているのかもしれません。無論これにも例外があり、百姓はその土地の言葉で喋らせるという設定が多くなっていますし、戦国大河で秀吉が家族と話す時は、尾張弁を使うこともあります。また『葵 徳川三代』の島津義弘でしたか、薩摩言葉を使っていたような記憶があります。そしてやはり幕末物は、関東は数字が低く出る確率が高いというジンクスもあります。

尤もこれは前も書きましたが、リアルタイムの視聴率は広告料に反映されるため、NHKがそれをどう思っているかについては何ともいえません。そもそもこれは、テレビ離れの影響もあると思われます。視聴率といえば、ビデオリサーチがまた新しい視聴率計画を導入するようですが、一体どうなるのでしょう。閑話休題。これから見るとやはり戦国時代の方が数字が高いとはいえますが、個人的にはやはり『天地人』や『江~戦国の姫たち~』の視聴率の数字は合点が行かないのです。これは俳優さんを見たいということもあったでしょうし、とにかく上杉景勝と直江兼続を見たいという理由から、観ていた人も多かったのかもしれません。しかしあの大河は、様々な意味で「型破り」すぎでした。

話が戻りますが、取りあえず『八重の桜』の、大政奉還を中心にした時期のを観てみようと思います。それと「ヴィンテージ」大河については何度も書いていますが、昔の作品をその当時のままで再現するのは不可能です。今後も大河を続けて行くのであれば、そういった作品を尊重しつつも、それを超える必要もまた出て来るわけです。無論これは、NHKの中の人たちがあるいは考えているでしょうが、それが必ずしもすべての視聴者を魅了するとはいえないでしょう。つまりどの作品にも好き嫌いは存在するわけですが、ただ、今までやって明らかに失敗だったと思われることは、やはり再検討するべきです。また視聴者サイドにもいえることですが、とにかく昔の大河を振り返ってばかりでは、下降史観に陥りやすくなるように思えます。

飲み物-ビール2種類
[ 2018/09/28 01:15 ] 大河ドラマ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

実は『いだてん~東京オリムピック噺~』を観なくなったので、再び『西郷どん』復習の投稿をアップしています。関連文献もまた読もうかと考えていますし、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、いよいよ日本でのワールドカップの年です。今季は代表下部チームとの兼ね合いもあり、スーパーラグビーでは今一つでしたが、ワールドカップでのベスト8成るでしょうか。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud