FC2ブログ

ベイカー寮221B/Baker House 221B

パペットホームズ、大河ドラマなどの好きなテレビ番組やラグビーについて書いています。アフィリエイトはやっていません。/Welcome to my blog. I write about some Japanese TV programmes including NHK puppetry and Taiga Drama, Sherlock Holmes and rugby. I don't do affiliate marketing.
ベイカー寮221B/Baker House 221B TOP  >  ラグビー代表

2020年9月ラグビー情報その2

ラグビー関連情報をいくつか。記事はnikkei-com、またはNIKKEI Rugbyのツイートより。

まず新秩父宮ラグビー場の概要について。主なものとしては、

・「秩父宮」の名称は引き継ぐ
・ラグビー専用スタジアムとして整備
・多用途で利用可能な施設
・第1期工事は26年以降に完成。その後に現ラグビー場を解体
・収容人数は今とほぼ同程度の想定だがアリーナ型だと変更の可能性あり
・現在の神宮第二球場の場所に建設

アリーナ式というのは、2017年に日本が遠征したフランスのスタジアムを模しているかと思われます。尚この遠征ではフランスと引き分けています。

一方で、今年の代表活動は結局行われず、リーチ マイケル選手もかなり残念そうです。

ラグビー日本代表、20年の活動断念を発表
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO63838760U0A910C2UU8000/

ツイッターによれば、リーチ マイケル選手は代表活動がなくなったことに対して、
「すごい残念。トップリーグでいいスタートを切って、ジェイミーにいい印象を残していきたい」「詳しくは言えないが何個か手術をした」と説明し、W杯は60%くらいの力でやっていたので、直して100%にしたいと述べています。

しかしワールドカップでは60パーセント程度の力だったのであれば、彼が100パーセントの力を出し切れば、かなりのパフォーマンスを披露してくれそうです。そして18日はそのワールドカップから丸1年で、1周年記念イベントも行われるようです。

それから京都出身のラグビー記者、後藤正治氏関連の記事です。

スポーツ熱 伝統が支えに 後藤正治さん

飲み物-パブのビール2
スポンサーサイト



[ 2020/09/18 00:15 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

20209月ラグビー情報その1

ラグビー関連です。まず松島幸太朗選手ですが、6日(日本時間7日未明)のトゥールーズ戦に15番で先発出場です。

そして神戸製鋼コベルコスティーラーズ。選手のユニフォームでできたエチケットマスクが発売されるとのこと。

さらに新国内リーグに向けて、サントリーサンゴリアスが港区と提携との由。アカデミーの保有や新スタジアム建設についても触れられていますが、この場合ラグビー専用となるのでしょうか。無論港区には、新秩父宮も建設される予定です。

東京都港区とサントリー提携 ラグビー新リーグで
(以上nikkei.com及びNIKKEI Rugbyのツイートより)

そして久々にナンバーウェブの大友氏の記事です。

どうなる2020年ジェイミージャパン。幻の“エイトネーションズ”、11月はNZ遠征に?

大物が続々参戦、トップリーグの「ユニークな魅力」。再開へ舵を切る世界のラグビーとの違いとは?

仮に日本がNZ遠征となっても、南半球4か国で対戦国すべてに入国許可が出ればという条件付きではあります。ところで記事中、日本の出入国管理は融通が利かない云々とありますが、ラグビーのためだけに「融通を利かせる」ことは難しいかと。それからトップリーグの魅力ですが、基本的に企業アマ+プロの安定経営ではありますが、今後新リーグでよりチケット売り上げが重視されるとどのようになるか、その辺もう少し突っ込んでほしかった気もしますが、これはまた別の機会にとなるのでしょうか。

飲み物-パブのビール1
[ 2020/09/07 00:15 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

2020年8月ラグビー情報3

ラグビー関連情報です。記事はnikkei.com及び日本協会サイトより。

安倍総理が辞任を表明との由。昨年、ラグビーワールドカップの開会式で、桜のジャージー姿で日本代表を応援していたのを思い出します。そのワールドカップのマスコットのレンジ-、今度は日本協会のマスコットに決定です。あの開会式では、市川右團次さんと右近さん父子が連獅子を演じ、海外ではレンジ―は父親と息子なのだと説明されたツイートが回っていました。

おかえり「レンジー」 W杯から協会マスコットへ

そしてこちらは日本協会サイトの記事です。

そしてフランスのプロ14、いよいよオープン戦開幕のはずでしたが、松島選手のいるクレルモンが、残念なことにのっけから試合中止です。尤もこれは、相手チームの事情によるものではありますが。

仏ラグビー、松島のチームが対戦中止 相手チームでコロナ感染

それからやはりと言いますか、6か国勢との試合はちょっと無理なようです。これは、ジョセフHCや外国人コーチなどの入国がスムーズに行かず、代表合宿を張れないことが原因と見られます。

ラグビー日本、欧州6カ国などとの大会に不参加へ 活動再検討

とはいえ下記ツイにあるように、強化のための代替試合も考えられているようで、エキシビションマッチでもいいのでやってほしいところです。やはり選手もファンも、ラグビーに飢えているのは事実でしょう。


ところでフランスではラグビーのオープン戦のみならず、明日からツール・ド・フランスも始まります。ちなみに明日の第1ステージはJSPORTSで無料配信です。

飲み物-注がれるビール
[ 2020/08/28 23:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

2020年8月ラグビー情報1

ラグビー情報です。いよいよ8日はサンウルブズメモリアルセレモニーです。

【参加選手・コーチ決定!】ヒト・コミュニケーション ズサンウルブズ メモリアルセレモニー
(サンウルブズ公式サイト)

その一方で、外国出身選手が居住国の代表資格を取る件について。従来は3年間居住が条件でしたが、2021年1月から、この期間が5年に変更されることになっていました。しかしコロナの影響により、1年後倒しで2022年1月からの適用となったため、来年一杯はこの3年規定が継続されることになります。来年で3年居住をクリアした場合、予定より早く代表資格を得られる選手も出てくるでしょう。

(通達)ワールドラグビー競技に関する規定第8条「国の代表チームでプレーする資格」 8.1 (c) 居住年数による資格について
(日本ラグビーフットボール協会公式サイト)

そしてコロナの影響で中止になっていた6か国対抗、まだ行われていない試合の開催日が決まりました。ワールドラグビーの発表によると以下のようになっています。

10月20日 アイルランドVSイタリア
10月31日 ウェールズVSスコットランド
      イタリアVSイングランド
      フランスVSアイルランド

DATE FOR GUINNESS SIX NATIONS 2020 RESTART ANNOUNCED
(World Rugby Official Website)

尚11月のワールドラグビーの国際大会では、日本はスコットランド、フランス、イタリアと同じプールに入る予定ですが、いずれもこの6か国のために強化を始めていることもあり、日本代表の合宿をいつ行うのか発表が待たれます。

飲み物-パブのビール2
[ 2020/08/07 23:30 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

2020年7月ラグビー情報その5

ラグビー情報です。記事は例によってnikkei.comより。まずはトップリーグ、大物外国人選手の加入が相次ぎます。ホンダヒートには元南ア代表をはじめ4人が加入、さらに具智元選手のお父様(元韓国代表)がコーチとして就任。

ラグビーTLホンダ、モスタート加入 W杯優勝の南ア代表

そして神戸製鋼も。

元NZ代表スミスらの加入発表 ラグビーTL神戸製鋼

あのベン・スミスがトップリーグに来るわけですね。その一方でNTTドコモレッドハリケーンズの選手がコロナ感染ということで、選手は自宅待機中、チームとしても対応に追われているようです。

ラグビーTL、NTTドコモで選手1人がコロナ感染

それから世界のラグビー事情に関して。まずアメリカが有力視されていた2027年ワールドカップに、ロシアが名乗りを上げています。

ロシア、27年ラグビーW杯招致へ

はっきり言って微妙だなとは思います-所謂伝統国以外で開催するチャンスではありますが。一方で豪州も名乗りを上げています。もし実現すれば2003年大会以来となり、こちらの方が現実的かなとは思うのですが。

それから日本代表がスコットランド、アイルランドと試合をする予定だったヨーロッパ遠征は中止され、代わりにワールドラグビーが国際大会を開催します。元々ワールドラグビーはこの手の大会に乗り気であり、今回のはそのシミュレーションとも考えられます。ただし準備期間が3か月程度で、南アから代表選手を呼ぶとなると、来日に当たっての待期期間も考えておく必要があります。

ラグビー日本、11月の欧州遠征は中止 国際大会へ新日程調整

尚南半球の4カ国対抗は、同時期にNZにチームを集めて開催予定です。

飲み物-パブのビール3
[ 2020/07/31 23:45 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

2020年7月ラグビー情報その4

ラグビー情報です。まずこの2つです。(いずれもnikkei.comより)

ラグビー国際試合、北半球は10~12月開催 日程案発表

このスケジュールですと、まず前半に6か国対抗の残りの試合を行い、その後が通常のテストマッチ期間です。日本の試合もこの期間に行われるようで、その場合アイルランド、スコットランドとのアウェイでの試合が行われる可能性が高くなります。

それから来年1月からのトップリーグですが、これはその1年後の新リーグ同様、3部制で行われるようです。

ラグビーTL、21年は25チームで 3部制の新リーグに反映

やはり、トップチャレンジのチームはすべて参加のようです。具体的には以下の8チームです。

釜石シーウェイブス R.F.C.
栗田工業ウォーターガッシュ
清水建設ブルーシャークス
豊田自動織機シャトルズ
近鉄ライナーズ
マツダブルーズーマーズ
コカ・コーラレッドスパークス
九州電力キューデンヴォルテクス

それから今年でスーパーラグビーを去ることになったサンウルブズですが、8月8日にメモリアルセレモニーが行われ、JSPORTS4またはオンデマンドで配信されます。

(サンウルブズ公式サイト)

しかしながら、今後のスーパーラグビーに代わる大会を巡って、チーム数を減らされる豪州がNZに対抗し、独自の新大会を、サンウルブズも含めて考案中などという話もあります。ラグビーのプロ容認時もそうでしたが、何か新しいことを始めるに当たって、複数の勢力が綱引きをするのは珍しくないことです。しかもこれは今後のサンウルブズ、ひいてはトップリーグまたは新リーグの上位チームの参戦に大きく関わってくるだけに、ちょっと目が離せません。

余談ながら、7月24日は河童忌(芥川龍之介命日)でした。この名称の由来となった『河童』の冒頭に、「どうか Kappa と発音して下さい。」という謎めいた一文があります。一方でKappaというスポーツブランドがあります。ラグビーよりも、どちらかと言えばサッカーの方のシェアが大きなブランドです。元々この場合のKappaはギリシャ文字のKのことですが、1967年創設のブランドはもちろん、ギリシャ文字の方も芥川の作品とはあまり関係なさそうです。

飲み物-冷えたビール2杯
[ 2020/07/25 00:15 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

大西将太郎氏が好きなゴールキッカーたち

JSPORTSで、コメンテイターが自分の好きな試合、選手を選んで語る30分番組『日本ラグビー名場面集~J SPORTS RUGBY オールタイムベスト~』というのがあります。この中で、ラグビージャパン365のしょっさんこと大西将太郎氏が、好きなゴールキッカーについて話しています。大西氏自身もかつてはキッカーであり、2007年ワールドカップで、カナダと引き分けた際の同点ゴールは有名です。
ゴールキッカーと言えば、最近では有名なのは五郎丸歩選手、田村優選手などですが(神戸製鋼とサンウルブズが好きな人はヘイデン・パーカー選手も)、この場合は大西選手がほぼ同世代、あるいは若干先輩のキッカー3名の名前を挙げています。それは誰か。(敬称略)

廣瀬佳司
田邊淳
栗原徹

懐かしいと言う人もいれば、全然知らないと言う人もまたいるでしょう。しかしこの3名、紛れもなく、90年代から2000年代の日本ラグビーに輝いた選手たちです。
まず廣瀬選手、『ノーサイド・ゲーム』にも出演した廣瀬俊朗氏ではもちろんありません。1999年大会を含む3回のワールドカップの代表に選ばれ、正確なキックでゴールデン・ブーツと呼ばれたスタンドオフです。かのオールブラックスの10番(ファースト・ファイブエイス)グラント・フォックス氏の教えを受けてもいます。99年ワールドカップでは、この選手と現日本協会専務理事の岩渕健輔氏とが、正スタンドオフを目指してしのぎを削っていました。岩渕氏は現役時代、自らボールを持って相手ディフェンスを突破する、奔放なプレイが評価されましたが、この時は最終的に得点を取れる廣瀬氏が優先された感はあります。寧ろ岩渕氏の場合はこの大会後で、日本人初のケンブリッジ・ブルーを得た方がニュースになっています。

田邊氏は、高校大学時代をNZで過ごし、帰国後は三洋電機ワイルドナイツ(現・パナソニックワイルドナイツ)に加入、2010年には代表デビューもしています。シングルファザーでもあり、会社の許可を得て、お子さんをクラブハウスで食事させていたということで、その協力に感謝していると専門誌のインタビューで語ってもいました。大西氏曰く同世代であり、その意味でも注目していたとのこと。

栗原氏は、2000年慶應優勝時のメンバーです。在学中は監督を務めていた故・上田昭夫氏から「クリ」のニックネームで呼ばれており(上田氏自身がそう話していました)、2001年にトップリーグ新設前、まだサンゴリアスの愛称がなかった頃のサントリーに入って、その年来日したウェールズ代表を破っています。事実これは快挙でしたが、代表チームは2戦とも黒星でした。高校時代に喘息を患い、ゴールキックの前に薬を吸入していたのを覚えています。この人も大西氏と同世代です。

やはり年齢が近くてポジションが同じ、さらに同じプレイを担当している人へのライバル意識、そしてリスペクトの精神は強いものがあります。ラグビーファンとしても、少し前の名キッカーとして記憶にとどめたい元選手たちです。

飲み物-注がれるビール
[ 2020/07/20 00:45 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

2020年7月ラグビー情報その1

ここのところ専ら記事を引用している、日経のラグビー関連ページから2つ。

ラグビーWS、7人制男子日本が昇格 打ち切りで

まずラグビー7人制のワールドシリーズです。このシリーズはF1などと同じサーキット方式で、元々は11月から5月にかけて行われ、世界各地を転戦して回ります。しかし今年はコロナ禍で、シリーズが途中で打ち切りになり、男子代表が上位グループに入って、来年のシリーズすべての試合に出場できるようになりました。これは2シーズンぶりのことです。また優勝チームは男女ともNZとなりました。それから現行のトップリーグに代わる、新リーグについての記事です。

ラグビー、新リーグは25チーム参加へ 22年開幕目指す

現在25チームが参加意思を表明しています。今後も新規参入を募る予定で、初年度である2022年の開幕シーズンは、3部制となっています。記事には作業の遅れやオリンピックの延期などが、開幕時期の変更につながったと書かれていますが、来季のトップリーグが2021年1月開幕予定なので、その1年後ということでいいのではと思います。特に開催地をどうするかの問題が出て来るでしょう。新秩父宮の建設も遅れそうですし、ラグビー場の新設も当然議論されてしかるべきと思われます。しかし今のトップリーグ16チーム(来季も現行体制)に加えて9チームということは、
釜石シーウェイブス
セコムラガッツ
横川武蔵野アトラスターズ
豊田自動織機シャトルズ
近鉄ライナーズ
コカ・コーラレッドスパークス
九州電力キューデンヴォルテクス
などの加入が予想されます。ちなみに釜石以外は、かつてのトップリーグ参加チームです。

飲み物-ビールと夜景
[ 2020/07/02 23:15 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

2020年6月ラグビー情報その4

6月17日は、元日本代表監督の宿沢広朗氏の命日です。2006年のこの日、登山中に亡くなられて今年で14年、15回忌となります。この宿沢氏の急逝は、知人からメールで知らせて貰ったのですが、かなり驚きでした。以前ご紹介した、長男でコロナウイルスの治療に当たっている医師の宿沢孝太氏が、医学部を卒業して、研修医になりたての頃の話です。尚この年の秋、もうひとつラグビーファンを驚かせる出来事がありました。それはかつてオールブラックスのウィングを務めた、ジョン・カーワン氏の代表HC就任でした。

さて医師といえば、この人物もその道を目指しており、結局オリンピックの七人制代表を断念することになりました。とはいえ、来年1月からのトップリーグではプレイ予定とのことです。

五輪断念のラグビー福岡 「後悔なく医学の道へ」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60343380U0A610C2US0000/

ところで記事中に
「世界のラグビー界では医師の資格を持つ代表選手も珍しくないが、近年の日本では異例の転身となる」
とありますが、日本の場合企業アマであったからこそ、そこの社員として仕事をし、ラグビーをプレイするというシステムが定着していたのです。

無論他の国にはこういう制度はないわけで(一部似たようなシステムの国もあり)、アマチュア時代は本職は医師であったり弁護士であったり、教師であったり普通の会社員であったり、はたまた農場を経営していたりと様々な選手が同じクラブでプレイしていたわけで、寧ろそちらの方が当たり前だったのです。そして今もセカンドキャリアに備えて、医学や法曹関係などの専門職の資格を取る選手もいます。

それから以下のワールドラグビーのツイートにあるように、今後の国際試合(テストマッチ)についての話し合いが行われています。2番目のツイートで、国際試合を従来の6月と11月から、10、11月に変更する案とありますが、恐らくはスーパーラグビーのテストマッチによる中断を避けたい、南半球サイドの意向かと思われます。尤も日本にしても、蒸し暑い梅雨の時期に試合を行わずに済むので朗報かも知れません。しかし新たな国際大会の件は結局どうなるのでしょう。


(記事はnikkei.com及びNIKKEI Rugbyのアカウントより)

飲み物-バーのビール
[ 2020/06/16 23:45 ] ラグビー | TB(-) | CM(0)

ブラックベルベットとキャップ

ブラックベルベットというカクテルがあります。元々は、ヴィクトリア女王の夫君、アルバート殿下薨去の際に作られたとも言われ、シャンパンと黒ビール(特にギネス)を主な材料としています。この両方を合わせる、あるいはごくざっとステアするだけのカクテルで、グラスはピルスナーグラスを使うことになっているようです。作り方に関しては、サントリーの公式サイトにありますのでリンクを貼っておきます。

ブラック・ベルベット レシピ
(サントリー公式サイト)

ブラックベルベット
ブラックベルベット(Wikimedia Commons)

かなり前、このブラックベルベットが、イングランドラグビーの聖地、トゥイッケナムの名物と書かれてあるのを読んだことがあり、検索しましたがそれらしき情報は得られませんでした。寧ろこの場合、ベルベットでできたキャップが出て来たのには苦笑でした。

実際かつてはベルベットで代表キャップが作られていました。元々キャップは、かつては試合の時にかぶられていた物で、それが試合に出た証へと変化して行ったわけです。日本の場合、まず初出場の選手にキャップが授与され、その後5試合に出場するごとに、星型ワッペンが5枚渡される仕組みになっています。一種の勲章と呼ぶべきものです。無論ラグビーのみならず、サッカーやクリケットでも、代表試合出場数としてキャップ数が記録されています。

[ 2020/06/14 00:45 ] その他 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

aK

Author:aK
まず、一部の記事関連でレイアウトが崩れるようですので修復していますが、何かおかしな点があれば指摘していただけると幸いです。それから当ブログでは、相互リンクは受け付けておりませんので悪しからずご了承ください。

『西郷どん』復習の投稿をアップしている一方で、BSで再放送中の『葵 徳川三代』の再放送も観ています。そしてパペットホームズの続編ですが、これは是非とも再来年の大河が始まる前に、三谷氏にお願いしたいところです。

他にも国内外の文化や歴史、『相棒』をはじめとする刑事ドラマについても、時々思い出したように書いています。ラグビー関連も週1またはそれ以上でアップしています。2019年、日本でのワールドカップで代表は見事ベスト8に進出しました。これを機に、今後さらに上を目指してほしいです。そのためには、国内のラグビーももっと変わってしかるべきでしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

TopNTagCloud